[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

2015年09月30日

肝斑とは

頬骨のあたりに左右対称にできるぼんやりとしたしみのことを肝斑といいます。

30代から40代にかけてできることが多く、
50代から60代になると改善することが多いと言われています。

ピルの服用であったり、閉経によってできたりしますので
ホルモンバランスの影響によるものだといわれていますが、
その明確な理由については分かっていない部分も多いようです。

紫外線やストレス、睡眠不足などによって肌に負担がかかるなりやすくなるとも
いわれていますので生活習慣にも気をつける必要があるといえます。


ラベル:肝斑とは
posted by ゆう at 21:37| Comment(0) | 肝斑とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

SEO対策テンプレート
肝斑 治療」の先頭へ
  • SEOブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。